忍者ブログ
2018年02月19日23/ 時03分の記事
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


*CATEGORY [ ] 
2006年09月09日19/ 時51分の記事
Derkness And Farytail ~闇と童話~  Act.1
あの日 踏み外した道の先に
  もう一度 戻ろうよ
ねぇこれは 運命なの―――・・・?

Derkness And Farytail  ~闇と童話~ 

暖かな日だった。
ポカポカとした柔らかな陽の光が
木の葉からかすかに漏れて私を包む。
私はのんびりと腰を下ろし、本を読んでいた。
・・・そこに、慌てふためくウサギがいた。
赤いチョッキに懐中時計を持って、そのウサギは
「大変だ、遅刻しちゃう!!」
とひたすら言った。
・・・なんなの?あのウサギ。
好奇心から、私はウサギを追いかけることにした。

後で、後悔することも知らずに。

かなりの間歩いただろう。
ウサギは歩くペースを緩める気配もない。
途中でやめようとも思ったのだが、その奇怪なウサギの
正体をつきとめるのを、どうしても諦められなかった。
再び私は、心に決める。

野山を横切ったところで、ウサギは大きな穴に飛び込んだ。
「この穴を通れば、きっと何かが――・・・」
私は胸が躍るのを感じた。
とってもわくわくする。こんな感じ、初めてだ。
そして私は、勢いよく穴へ飛びこむ。

私は深い深い闇へと堕ちていった。
急に下に床が現れる。多分、ウサギがいるところだ・・・
そう思って。わくわくが増加した。
・・・なのに、突然床は崩れた。
「えっ・・・」
そして私は、もっともっと堕ちてゆく。
不意に、怖くなってきた。
なんで?私はウサギの世界に行きたいのに。
なんで―・・・・??

ドスン・・・。
私はそのまま、闇に堕ちた。
何も見えないし、何も聞こえない。
・・・進むしかない・・・。
私はまた、心に決めた――・・・。

               next fall...

~~~♪のササヤキ~~~
えぇ・・・そろそろ始動、といったので、
とりあえずこの小説ですね。
はい、香芝は疲れたので、これにて終了!!
PR

*CATEGORY [ メルヘンな呟き ] *コメント[ 0 ] *トラックバック [ 0 ]
<<勝手に紹介サイト様 2『はやみ あきら』さん| HOME |友達バトン>>
COMMENT
COMMENT WRITE















TRACKBACK
トラックバックURL

<<勝手に紹介サイト様 2『はやみ あきら』さん| HOME |友達バトン>>
忍者ブログ[PR]
忍者ツールズこのページのトップへ