忍者ブログ
2017年09月22日17/ 時03分の記事
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


*CATEGORY [ ] 
2008年03月04日17/ 時16分の記事
春水月華物語 5
ギィィ・・・
そう音を立てながら開いた大扉。
そこに立っていたのはハートのJ、九眠亞夢(くみん あむ)だった。
方眼鏡と器用に束ねた二つの団子結びが特徴的な、白スーツを身に纏う女だ。
なぜ親はこんなに呼びにくい名前をつけなのだろうか?
この謎は、永遠に解けることはないのだか。
それを語るのは、もう少し、先の話。
「亞~夢ちゃんっ!あんたまた胸でかくなった?いいなぁ~、私にちょっとわけてよ~。」
そう言って亞夢の肩にスッと手を回した月華は自分の胸と彼女の胸を見比べながら
ため息混じりに言った。
そのため息を、亞夢の蒼い左眼がキッ、と跳ね返す。
「いい加減にしてください。キングの前で、なんとも下品な。そもそも私はあなたの上司です。
口の利き方を改めなさい。」
無表情のままそういって、亞夢は手招きをした。
「キングがお待ちです。立ち話もなんでしょう、早く中に入ってください。」
三人は招かれた手の方に向かった。そのとき、月華は「ちぇっ」と軽くしたうちをしていた。
大扉の中には薄暗い廊下が少しだけあって、その先に、前よりももっと大きな扉が存在していた。
「どうぞ。」
亞夢がそういったので、春水が力いっぱい扉を開けると―・・・・


「なーにやってんだこのクソエース共がっっっ!!!」


その罵声と共に飛んできたかんざしを春水がスッと身を翻し避けたので、その後ろにいた
琉瑠が「あいたっ」と小さく声をあげる羽目になった。
「・・・ハートだというのに上品も下品もあったもんじゃないその性格、なんとかならんのかキングよ?」
春水がピンクの派手な造花がついたかんざしを拾い上げて、キングに向かってヒュッと投げる。
それを器用に中指と人差し指の間で受け止めて、
「お前のその無駄な運動神経もどうにかしろ、春水」
「無理じゃの。我にどうにもするつもりがないのじゃからな。」
そう言ってクック、と笑う春水を激しく睨み付けた。
「ひぃ~、相変わらず怖いねぇ、キングは。」
「はっ、ほざいてろ、いつまでたっても昇進しない月華みたいなやつは。」
「蘭音様、それは自分でも同じでは?」
・・・亞夢の突然の突っ込みに、場の空気が一瞬凍る。
「まぁ、あれだ。とにかく、お前ら自分たちがしたことを、しっかり理解してんのか?」
蘭音はさっさと話題を変えて、先程までの気迫を取り戻した。
「任務が終わったら早く帰ってこいって何度言えばわかる。」
「え~、帰ってこようとしてたよ~。ただ、帰りに遭遇しちゃったから、運命を感じちゃってね。」
月華が気迫に屈することなく、頭をぽりぽりと掻きながらてきとうに返事を返した。
その問いに蘭音は一度大きくため息をついた。
そしてめいっぱい息を吸い込み―――・・・


「勝手なことすんな!!!!!大体お前たちが倒した悪霊は5・6・7部隊が始末するはずだった
桜任務なんだよ!!!!!!」


「・・・蘭音さま、お静かに。」
キィィィィン、と、室内が蘭音の声に共鳴した。
耳を塞いでいた一同が静かに手を離すと、亞夢が何事もなかったかのように
すました声でそう告げた。
そしてコーヒーを二杯、自分の分と蘭音の分を机において、一口飲んだ。
蘭音がそれを一口で飲み干して、プァーッと20代の女性とは思えない声をあげた。
「とにかく、お前たちエースの任務は菊任務以上とされてるんだ。
お前たちが任務をさぼってヘボ任務に手をつけてるおかげで、ボス隊と8・9・10の仕事が
山積なんだよ、わかるか?あ、亞夢、おかわり。」
そう言って蘭音が亞夢にカップを渡したとき、受付からのパイプ―社内電話のようなものだ―が鳴った。

その音は、これから起こるすべてを暗示するかのように、空気を切り裂いた。


                  next....

~~~♪のササヤキ~~~
人って忘れるものだね!!
初期設定の琉瑠の字とか、ボス隊それぞれの名前とか、
任務の位とか、全部忘れて設定見ながら書く羽目になったよw
・・・がんばるよ。うん、がんばるから怒らんといて・・・・。
PR

*CATEGORY [ メルヘンな呟き ] *コメント[ 1 ] *トラックバック [ 0 ]
2007年04月21日13/ 時27分の記事
春水月華物語 4 
「月華さん、春水さん、キングがお呼びです。すみやかに『ボス部屋』に来いとのことです。」
アジア支部に戻るなり、下っ端であるハートのセカンド、が、エース部屋の戸を叩いてそう言った。
「・・・あんたの勘とやら、ビンゴだったらしいねぇ・・・。」
「・・・じゃろう?」
月華の言葉に春水は、自慢げながらもこわばった表情を浮かべる。
「ご報告ありがとう、琉瑠。」
月華がため息まじりにそういうと、琉瑠は浅く、頭を下げた。
その横を二人はすり抜けて、いざ、ボス部屋へと足を運んだ。
・・・死ぬ覚悟を持って。

『ボス部屋』に行くには『ハートの塔』の一番上まで行かなければならなかった。
ちなみに春水と月華がいる『A部屋』は2階。(ちなみに1階は受付、大広間、大食堂)
そのため、二人はDNAみたいなでっかい螺旋階段をカンカンと、重苦しく昇っていた。
「・・・とぉちゃ~くっ。」
月華が疲れ果てた声で言った。はぁはぁと、息が上がっている。
「体力、ないんですね。もう少し鍛えた方がよろしいんじゃないでしょうあか・・。」
琉瑠がディクレッシェンド(だんだん小さく)しながら言う。
彼女の中でこの現象は自然のことらしい。
「その前におぬし、いたのかっ!?」
「はい、私もキングに呼ばれていたものですから。」
「だったら声かけてくれたらよかったのに!」
「すみません。その、お二人とも無言だったものですから・・・。」
そのとき、『ボス部屋』と刻まれている大きな木彫りのドアが開いた。
ギィィ、と、不快な音を立てながら・・・。

             
~~~♪のササヤキ~~~
うぅぅ、4話目台詞詰め過ぎかも・・・・;;;
あら、まぁ。
ま、いっか♪

*CATEGORY [ メルヘンな呟き ] *コメント[ 0 ] *トラックバック [ 0 ]
2007年03月22日13/ 時58分の記事
春水月華物語 3
月華が如意棒を高々と夜空に掲げた。
漆黒の闇に黄金がキラリと光り目を惹く。
「炎の海に現れし南の神、朱雀!我等は神の力を必要とする!!
今、ハートのAは悪を裁こう!!」
月華がそう叫ぶと、さっきできたヒビから、1枚のトランプが
降ってきた。
「ハートの功第十六番、紅の華!」
その言葉を唱えたとき、トランプから舞い上がった炎がつるのように
伸びて、悪霊たちを捕らえた。
一瞬にして、悪霊が燃えた。
春水は隣で、嬉しそうにニコリと笑う。

「・・・終わり、っと。」

月華は悪霊が燃え尽きると、炎を出したトランプをキャッチした。
「ごくろうじゃったのう。」
春水はそういいながら悪霊の残骸に“紙”を貼っていった。
「まったく。また体力消耗したぁ~。今度の任務はあんたがやってよね!」
「そうじゃのう・・・。そろそろ腕も鈍ってきたことだからの。」
そう言って、春水は最後の悪霊に紙を貼った。
「ほら、最後の仕上げじゃ。きっちりしめてくれよの。」
春水が月華の背中をトン、とたたく。
・・・っとに。はいはい。」
月華は面倒くさそうに悪霊たちの方へ歩いていった。
そして今度は横に、如意棒を構えた。

「封!」

ザァッ、と、木々が揺れた。それどころか、フェンスをも揺らした、風。
消えそうな街灯はパカパカと、点いたり消えたりを繰り返す。
その風が、すぅ、と引いたころには、もう悪霊の姿は跡形もなくなっていた。
そのかわりに、春水の貼っていた“紙”に、記号と文字が浮かびあがっていた。

       「 ハート と A 」
という、二つの。
これを月華は拾い集めて、ポケットにしまった。
「これでちょっとは成績あがるかなぁ?」
「立ち止まっている暇はないぞ、月華。支部でキングが鬼になっておるぞ。」
「・・・なんでそんなこと言えんのさ?」
「女の勘、じゃよ。」
「・・・勘、ねぇ。どーだか。」
月華のそれを合図にしたかのように、二人は静かな闇から突然、
姿を消した。
そのそばの街灯もまた、闇を照らすのを諦めたようだった。


~~~♪のササヤキ~~~
ふぁ~、やっとプロローグ終了!
あ、一応設定ではここまでがプロローグなワケですよ。
これからかなり登場人物が増えます・・・。
そりゃもうどうしようか?ってくらい。
まぁ作者の私がこんがらがらないように気をつけます!!

*CATEGORY [ メルヘンな呟き ] *コメント[ 0 ] *トラックバック [ 0 ]
2007年02月24日22/ 時30分の記事
春水月華物語 2
裏ワールド位置対象:ニホン町ど真ん中。
そこに堂々と聳え立つ、【影月】アジア支部。
「くっそ!エースはまだ帰って来ねぇのか!?」
煙草をふかしながら金髪二つ結びのオネェ系がだん、と机をたたいた。
「蘭音さま、落ち着いてください。」
その隣にいる方眼鏡のだんご結びが冷静にいった。
「・・・亞夢・・・。だってよ、ジョーカーからお呼びかかってんだぜ?
どうすんだってんだ!」
「どうせまた、誰かの任務を横取りしてるんでしょう。」

悪霊たちは牙を剥いて二人の前にどーん、と、現れた。
はたから見れば、とても勝ち目のないように思える、2対8。
なんと四倍だ。・・・にも、かかわらず。
「・・・やるかのぉ。」
それを合図とするかのように、二人はビュッ、という効果音とともに、
悪霊たちへむかっていく。
―・・まるで、悪霊が静止しているかのように見えた。
二人が、速すぎるのだ。
実際は、悪霊も猛スピードで二人をとらえようとしていた。
「どうする?はなっからアレ、やっちゃう?」
月華は悪霊の皮膚を持っている如意棒で少しずつ、
痛めつけながら春水に尋ねる。
「そうじゃのう・・・ちょこまかうるっせぇ!・・・・やるかのぉ。」
「あんた今、一瞬“素”が出たねぇ・・・。」
月華の言葉に春水は軽く、咳払いをして、悪霊の目に思いっきり短剣を突き刺した。
その光景に月華は「うっ」と声をあげ、顔をそむけた。
「・・・うっとうしい奴らよのぅ。一気に片付けてもらえれば我はとっても嬉しいのじゃが・・・・。」
そう言って春水は月華の方をチラリと見た。
その視線を、月華は背中で感じて、寒気を覚える。
「・・・また私にやれって?あれを?」
月華の言葉に、春水は満面の笑みでニコリと笑う。
「―・・・あーもぅっ!わかったから!やればいいんでしょっ!?」
そう言って、月華は如意棒を空に高々と挙げた。

         

~~~♪のササヤキ~~~
第二話ですねぇ・・・。
きっとこの時点ではまだ何がなんだか・・・。
設定、うpしてから更新し始めればよかった・・・。

*CATEGORY [ メルヘンな呟き ] *コメント[ 2 ] *トラックバック [ 0 ]
2007年02月23日23/ 時43分の記事
春水月華物語 1
空にはぽっかりと月が昇り、夜も更けた頃。
二人の少女はそこにいた。
ニホン町795-1。
小学校のフェンスの上だ。
「なんじゃなんじゃ、やることがなくなってしもうたのぅ。任務はもうないのか?月華。」
こんなおじじくっさい喋り方をする主人公、いて欲しくないが、あいにくこいつがこの小説の主人公、天火春水(メス)である。
「あぁ?いんでねぇ?暇のほうが読書できるしね~。」
とか言いながら、読書って言っても『男の落とし方マニュアル(サブタイ:一週間で逆ハーレム完成!)』なんてのを読んでるバカがもう一人の主人公、幻想月華(同じくメス)である。
「桜任務もいい加減にしてほしいものやのう。何せこんな時代じゃ、悪霊もいっぱいおるというのに。」
「あんれぇ春水ちゃん、あんたそんなに任務好きだっけ?」
「たわけ。そんなわけないじゃろう?」
「じゃぁ何さ?」
「・・・憂さ晴らしじゃよ。」
そう、春水が腹黒くにやりと笑った瞬間、真っ黒な夜空にヒビ、が入った。
「・・・らっきぃじゃねぇの?お出ましだよ春水。」
「らしいのぅ。・・・一肌、脱ぐかのぅ。」
そう言って、二人は立ち上がった。
ヒビはだんだん広がってゆく。
数秒も経たないうちに、直径2メートルほどの円を描いて夜空をもっと闇にしていった。
そして、今度は二人でにやりと笑う。
―・・・さぁ、始まった。

           

~~~♪のササヤキ~~~
あれ?このブログでこの小説うpしてなかったっけ?
ってゆうね。いまさらね。
私が一番忠実に書き溜めている小説でもあるこの作品は、
あまり設定自体好きではないのですが、(ぇ)なんとなく
かいてしまうっていうね。そういうの、ないですか?(ないです。
ファンタジーです。コメディ多いですが、
本当はシリアスなんです。そう、シリアスなんですよ。
なんか躍動感とか緊迫感とかそういうのがうまく表現できれば
いいな、なんて思います。
どうぞ読んでやってください。
でわでわww

*CATEGORY [ メルヘンな呟き ] *コメント[ 2 ] *トラックバック [ 0 ]
| HOME |次のページ>>
忍者ブログ[PR]
忍者ツールズこのページのトップへ